【比較】ジンズvsゾフどっちがいいのか調べた

 

こんばんは。ヨシカワです。

 

 

先日、メガネを尻で踏んでしまいました。ガッタガタ。普通にかけたら視界が斜めで気持ち悪いし、外したあとも真っ直ぐな視界に戻すのが大変で気持ち悪くて。せっかくPC買ったのにメガネがなきゃ普通にPCできない!!と思い、即決断。即行動。早速メガネを買いに行きました。

 

が、激安メガネといえば「ジンズとゾフ」両方よく見るけど、何がどう違うのかよくわからないですよね。いつも買う直前にどっちにしようかな~って悩んだり、家から一番近いところに行ってみたり、なんならハシゴしてみたり。そんな悩みの種。

 

まき散らすのは愛の種だけにして!ってことで、ジンズとゾフの違いを調べてみました。

 

 

【比較】ジンズvsゾフどっちがいいのか調べた】

 

 

[affi id=2]

 

 

 

JINSとZoffの違いは?

 

JINSとzoff。同じような安いメガネ屋さん。どちらも5,000円くらいから購入可能です。(雑)中学生くらいのころ、初めてメガネを買ってもらったときはこんな安いメガネ屋さんなんてなくて。時代の変化はすごい。

 

こう考えると、値段にはあまり変わりないし、流行りのメガネもきっと両方置いているし…。この2つの激安メガネ屋さんを比較してみることにします!

 

JINS(ジンズ)には軽量モデル、サングラス、PC用、花粉、スポーツ用など多種多様のメガネが!

 

 

ゾフと比べると、より機能に特化した種類が多いように見えます。PC用のブルーライトカット、花粉を防ぐためのモデル、スポーツ用…。

 

デザインが優れているのはもちろんですが、モデルも外国の方を起用しているので、もしかしたら日本人がオンラインで買って、かけてみたときと印象は少し違うかも?でもやっぱり外国の方がモデルなだけあって、すごくオシャレな印象。

 

使う用途がもう決まっている人はとりあえずJINSを選べば間違いなさそう。

 

JINSの1dayコンタクトレンズ  「JINS1day」が気になる

 

 

メガネ屋がコンタクト出しちゃうの、あり??と思ったものの、ワンデーコンタクトを使ったことのある人のうち、半数以上がJINSでメガネを買ったことがある人との結果。ユーザーからの要望も多くあったことから、コンタクトの取り扱いを開始したようです。

 

購入はJINSオンラインショップかアプリから可能。店舗での直接購入はJINS渋谷店をはじめに徐々に広げていくそう。→JIN’s オンラインショップ

 

めっちゃ気になるこれ。
1箱2300円くらいっていうのは平均か平均よりちょっと安いくらい?コンタクトってあんまり激安!とかないので当たり前っちゃ当たり前だけど。

 

コンタクトってたくさん種類あってなにがいいのかなにが違うとか正直よくわかってない。から、オンラインでもお店でもとりあえず安いのでいっか~って感じで選んでる。から、とりあえずJINSで買っとけば悩まなくていいのはうれしい。試す価値アリ。

 

zoff(ゾフ)メガネはデザイン重視?芸能人も多数起用。アニメコラボも!

 

 

まずトップページに一覧でメガネが画像付きでたくさん出てくる。これだけおしゃれなデザインたくさんありますよ!若者見てください!っていう感じなのかな。

 

JINSと比べるとやっぱりデザインは若者向け、流行に乗ってる、という印象。モデルも日本の芸能人が多い。以前はジャニーズ、TOKIOの長瀬智也が起用されていたり。

 

今は中高生~20代前半の女性に人気のモデル、
村田倫子、柴田紗希、瀬戸あゆみ、中田クルミを起用。

 

全身コーディネートも紹介することで「メガネはファッション!」「オシャレ!」ってZoffの思うツボです。こんちくしょう。

 

 

[affi id=2]

 

 

 

JINSとZoff、2つを比較した結果

 

 

 値段はそんなに変わらない

1万円出せばかわいいし、最安にしたらちょっとかわいくない。それはそう。

 

  • どんな用途で使いたいか決まってたらJINS
  • とりあえず必要なときはJINS
  • どんなデザインが欲しいか決まってたらZoff
  • オシャレな流行りのデザインがほしい時はZoff

 

っていうところですかね。
この結果をもとに、JINSとZoff、両方でメガネを買ってみました!JINSではお店に行って初めてわかった新事実もあり…。

 

ぜひこちらも読んでいただけると幸いです!↓

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です