スポンサーリンク

【PR】辻ちゃん加護ちゃんみたいな幼馴染デュオが歌う「10年目のプロポーズ」を聴いたらまっとうな人生を送りたくなった

レビュー

 

 

f:id:ma___551:20180307154127p:plain

 

 

 

マンションの中でも端っこの方にあるわが家。
部屋に着くまでに4部屋の前を歩くことになる。

いつもドアが少しだけ空いている中国人の部屋。
通るたびにお風呂のにおいがする部屋。

1日何回風呂入るんだろう。
女性同士でルームシェアかな?っていう部屋。
空き部屋。そして、私の部屋。

 

 

社会に出て、新しい推し以外との出会いはなく、一人でもくもく生きる毎日。なんだか楽しそうに生きてる私と同じ階に住む人たち。

 

いつかちゃんと三次元の愛する男性と出会って、結婚して、家の前を通った人に「なんだか楽しそう」って思ってもらえるような生活ができるのかな?ってよく考えるようになりました。

 

本当はこんなこと考えないでずっとアイドルのことだけ考えて生きていたかったんですけど。
「K’z Music」の「10年目のプロポーズ」を聞いて、現実と少し向き合いはじめました。

 

youtu.be

 

 

K’z Music 10年目のプロポーズ

 

 

 

 

 

K’z Musicは「kakkun」「kouchan」という2人の幼馴染デュオ。幼馴染って響き。甘酸っぱい。
子供のころから一緒で、大人になっても一緒に楽しいことしてるってうらやましすぎる。

 

しかもこの「10年目のプロポーズ」は結婚記念日に奥さんへのサプライズプレゼントとして作られたもの。

幼馴染が幼馴染の結婚記念日のために一緒に曲を作ったんです。例えるなら、辻ちゃん加護ちゃんの結婚記念日のために曲を作るようなもんです。

 

 

エッ……モ!!!

 

 

 

エモい曲を聴いていたら、なんだか自分の人生これでいいのかな?って。思うようになりました。

 

結婚して、結婚記念日に曲を作るような素敵な人生を送っている人に比べてアイドルのCDを買うためにまともな飯も食わず、働くだけ働いて。

 

まっとうな人生とはなんぞや?幸せとは?って。なんだかただでさえ悩みが多いのに悩みの種を増やされてなんかちょっともう…。

 

増やすなら愛の種だけにしてほしいですね。

  

 

 

そんな愛の種をまき散らしたい辻加護のような「K’z Music」のお二人は
Youtubeでの活動を中心に行っています。

 

www.youtube.com

 

 

この二人を表しているようなイラストもかわいいですよね。なんでこんなかわいいイラストが描けるのか。動画内で使われている優しいイラストも要チェックです!

 

 

 

 

 

 

コメント